徒然日記

しがない大学生の独り言。

院試 ~緊張の本番編~

こんにちは。 文系大学生のきくです。 最近大学4年生にして免許合宿に行ってきました。友達と行く予定だったのですがコロナになってしまい、ぼっちでした。
なかなかストレスフルな時間でしたが、ゲームに付き合ってくれたので何とか持ちこたえられました。

今回はいよいよ院試本番についてです。
なぜ文系大学生が就活ではなく院(しかも外部)に行こうとしたのか、そして出願の経緯については以下の記事をご覧ください。


それでは参ります。 少々長くなりますがお付き合いください。


まず初めにですが、僕が受験した大学院は学科試験がなく前回まとめた書類の審査(一次)と面接(二次)の形になります。
学科試験の情報を集めたい方の参考にはならないかもしれません
予めご了承ください。

院試前日まで

僕は周りに同じ大学院を受ける友達がいなかったので、自分でググって文系院試の面接情報を集めていました。
出てきた情報としては粗方

1. 自己紹介
2. 志望理由
3. 希望する指導教員を選んだ理由
4. 研究計画書について

あたりはどこも問われていたような感じです。
そのため僕もパワポに予想される質問と答え方をそれぞれページを分けて作り、質問のページを見ながらひとりで練習していました。
面接はオンラインだったので実家に帰っていたのですが、家族に面接練習を手伝ってもらったりしました。
研究計画についてはどうしようもないですが、その他自己紹介などでうまく答えられないのは無駄なマイナスですから、滞りなく長くも短くも話せるように練習しておきました。それはもう何回も。
妹にはまたやるのー?と言われややめんどくさがられました。
とはいえなんだかんだ変な面接官役やってみたり結局ノリノリで手伝ってくれた妹には感謝です(笑)
本番でミスがなく答えられたらそれはもう妹のおかげです。
死ぬほど緊張してはいましたが、準備は万端です。研究計画以外なら何を訊かれても答えられそうです。

院試当日

結論から申し上げます。
研究計画について以外何も訊かれませんでした!w
えっ?って感じですよね。僕も死ぬほど焦りました。
もう一度上を見直していただきたいのですが、だいたいどのサイト、どのブログでも上の4つは問われていたんですよね。
その例外に当たる?wみたいなことが脳内を駆け巡りました。
とりあえず順を追ってまとめます。

準備

服装はスーツ。あえて攻める必要はありません。スーツを着ておけば間違いありません。
接続5分前くらいまでは研究計画書を見直して怪しい箇所を整理していました。

接続

時間ちょうどにzoomへの入室が許可されました。
受験票を手元に置きつつ、受験番号と名前を述べます。
そしてしっかりとした自己紹介が始まる…と、思ったんですけどねw

本番(概要)

まず最初に概要を言うことになったので、ちゃんと趣旨を言えるようにしておくとよいと思います。
あとは最初っから最後まで、約15分くらいでしたが、ずっと研究計画書についての質問と受け答えでした。
余談も何も本当にありませんでした。こんなこともあるんだなといった感じです。
やる気とか、モチベーションとか、アピールするつもりだったんですけど結果的には本番では役に立ちませんでした。
(かなり例外的だと思うので、ほかの大学院などでは自己紹介や志望理由は問われると思います!)
まぁ研究計画書については間違いなくどの大学院でも話すことになると思いますので、そのことについて書きます。

本番(研究計画書について)

研究計画は上でもちょこっと書いた通り穴はできるだけ少なくして提出したつもりです。
しかし専門家から見ればざるのようなものでしょう。散々突っ込まれます(笑)
知識が必要なものもあれば、自分の見解を問われるものもありさまざまです。
先生は複数いますから、突っ込みの角度も異なります。
後から思うこととすれば、ゼミの友達とかに計画書見せていろいろ指摘してもらえばよかったなということです。
いろんなところを突っ込まれる経験というものをもっと積んでおくべきでした。
もしこれをご覧になった後に院試を受けられる方は、ぜひ研究計画書に関する受け答えの練習をなさってください。

手ごたえ

ゼロです。笑
本当に落ちたと思いました。
特に知識に関する質問で、よくよく考えれば思いつくのに「思い浮かびません…。」と苦笑いで言ってしまったのはとても後悔しています。
関連する知識はしっかり叩き込んでおいた方がいいですね。
実証分析ならば分析手法とかです。
終わってから、あぁぁぁ…って感じになってましたが、中学時代の先輩にご飯連れて行ってもらって元気出ました(笑)

おわりに

個人的には激動の1日でした。
受験てこんな大変なんだと久しぶりに感じました。
次回は後日談を書こうと思います。
書いてるだけで複雑な気持ちになりました(笑)
それではまた。